食費・日用品費節約のポイント

レシートは必ずとっておく

買い物をしたあとすぐにレシートを捨てず、必ず家に持ち帰りましょう。捨てる前に、余計な買い物はないか、割引漏れがないかきちんと確認します。特に半額商品の打ち漏れは大きな金額になりますので必ず確認してから捨てるようにします。

袋分けをする

月末にお金が足りなくなるという人は4週分4袋にあらかじめ分けてしまいましょう。毎週その予算さえ守れれば赤字になることは絶対ありません。1週間分の使える額はだんだんとわかるようになりますし、毎週気持ち切り替えることですっきりと楽しい気持ちで買い物ができます。

代用するくせをつける

ラップがない場合はアルミホイルを使う、お風呂の洗剤がないときにはボディーソープを使うなど代用するくせをつけましょう。たいがいのものは代用ができますので、予算がオーバーしそうな場合はまず他に使えそうなものがないか探してみましょう。

時にはコンビニも利用する

「コンビニは高い」というイメージがあると思いますが、実は安い場合もたくさんあります。特にプライベートブランドのものは安価で、値段の変動はありません。「コンビニは高い」と毛嫌いせず、「このコンビニはコレが安い」という情報を頭に入れておきましょう。豆腐や調理酒が安いコンビニは多いです。