節約とダイエットの一石二鳥

節約することでお金にゆとりができることは、付随してメリットを生むこともあると考えます。

わたしは毎日の通勤に本来使用すべきバスと地下鉄を利用していません。

会社から支給される交通費は約15,000円。

片道40分の距離を公共交通機関を使わずに徒歩で通勤しています。

自宅から職場までが徒歩で通える距離であることもありがたいことですが、環境の良い住宅街を歩けるので気分も良くなります。

交通機関を利用しても、乗継があるので通勤時間はさほど変わりありません。

毎日歩くようになって、パンプスをやめてスニーカーを購入しましたが、それ以外で歩くことには基本お金がかかりません。

毎月浮いた交通費は、自分のお小遣いに使っています。

家計に影響を出さずに、堂々と自由にお金を遣えることは良いことだと感じています。

お小遣いは主に化粧品や友人との食事やお酒に使いますが、子どもがほしがっているものをプレゼントすることもあります。

毎日の徒歩通勤はそれほど苦になりません。

疲れがたまっているときや体調が悪いとき、あまりにも天候が悪いときは無理せず交通機関を使います。

送り迎えをしてくれる方がいるときは、甘えます。

毎日歩いているおかげでウエストが明らかに細くなりました。わたしにとって一石二鳥で大満足です。

人によっては意外に節約できる…かもしれません!

服にかけるお金を節約したい。

特に家計を預かっている女性はそう思う機会が多いのではないでしょうか。

シマムラやGUといったお財布の味方をしてくれる店も増えていますが、今回は意外に節約になる(ただし一部の人にしか効果ない)かもしれない方法を主張させていただきます。

それは……「痩せる」!

何を言ってるのかと思われるかもしれませんが、よく考えていただきたいのです。

「大は小を兼ねる」という言葉を聞いたことはありませんか。

これを服にあてはめると、大きい服は小さい人でも着れますよ。

でも、小さい服は大きい人が着るの難しいんです!

人によって骨格や体格は違うので、平均的な人に限ってのお話になってしまいますが、「L」が「M」になるだけで選択できる服が増えるんです。

つまり、お安くて良いデザインの服を手に入れられる機会が増えるということです。

更にユニクロでよく見かけるんですが、「S」サイズが破格の安さで売られてることが多いんです。

ユニクロだけでなく、規定よりも小さめのサイズは余ることが多いのか、他の店でもやたら安い値札がつけられていたりします。

細い友人はいつもそれでお安く服を手に入れてるそうです。

それぞれの方の体格にもよりますが、更に付け加えると過剰なダイエットは厳禁でもあるのですが、健康的な体重を保つだけで、良い買い物ができる機会が増える……かもしれないんです!

意外にいい節約方法だと思いませんか?

……まあ、ダイエットが至難の業なんだろうがと言われてしまえばそれまでなんですが……太りやすい物ってどうして美味しい物ばかりなんでしょうねえ……。

レコーディングショッピングのススメ

みなさん、レコーディングダイエットってご存知ですか?

その日に食べた物を細かに記録することによって、食生活を見直していくというダイエット方法です。

このダイエット方法が効果的であるように、「レコーディングショッピング」もまた、節約には大変効果的です。

ついつい買い物をし過ぎて冷蔵庫に詰め込み過ぎ、奥の方にミイラ化された野菜を発見…なんて経験のある方に是非とも試して頂きたいです。

方法は簡単。

まずは、冷蔵庫の中にある物を中心に、1週間の献立を作成します。これはなるべく細かい内容にした方がいいです。

そしてその献立のために新たに買う必要のある食材をリストアップします。

スーパーではリスト以外のものは買わないように。ここは自制心との闘いですね。

そして、全てのものを各所にしまい終えたら。

スーパーのレシートを冷蔵庫にマグネットで張り付けます。ここがポイント。

毎日、消費した食材には線を引いていきましょう。

そうすれば、消費した食材が一目瞭然ですね。次に献立を作成し、食材リストを作成するのがうんと楽になります。

冷蔵庫を開けっ放しにしてゴソゴソとあれがあるか、ないかと探しているのも電力の無駄遣いですからね。

普段から、こういう小さなことを気をつけるようにすれば、気付いた時には家計に余裕が生まれているものです。

ぜひ今日から試してみてください!