おにぎりはお昼の節約に大きな味方なのです。

どこにお金を使うかは人によってぜんぜん違うことだと思います。

趣味に使う人もいれば自分のスキルアップのために使う人も、そのお金の使い具合は人それぞれです。

私は自分の好きな場所に行けたり、好きなものを食べたりすることが好きだから、趣味にお金をかける方なのだと思います。

好きなことにお金を使えるようにするためには、それなりの「節約」が必要になってきます。

節約項目の中でも、一番節約を始めやすいと思うのが「食費」なのではないかなと思います。

食費を抑えすぎて身体を壊してしまうのは良くないことなので、ほどほどにですが。

なるべく外でのお昼代を抑えるために強い味方なのが「おにぎり」なのです。

朝、おにぎりをささっと握って、ランチボックスに詰めて持って出かけます

そして、コンビニやスーパー、お惣菜さんでお惣菜だけひとつを買うのです。

そうするとお昼代が、ランチに行くより、お弁当を買うよりも少し安くすみます。

塵も積もれば山となる。

日々コツコツためて、好きなことにお金が使える機会がひとつでも増えると、私はそれだけでうれしいです。

炊き上がったごはん1合で、おにぎり約4つ作れます。

「ランチもたまには行きたいし、美味しそうなお弁当もたまには買って食べたい」。

そう思うけど、その回数をなるべく少なくすることは小さなことだけど節約につながります。

おにぎり持参でも食べたいお惣菜が食べれるから大満足です。

日々のコツコツは大きなものです。

ちなみに、節約自体も私の趣味のひとつなのでした。