暖房費用を抑えるために意識していること

寒い季節は特に暖房を使う時間が増え、伴って光熱費も高くなってしまいます。

ガスストーブはすぐに温かくなって快適であるため、冬には欠かせないですが、エアコンに比べて光熱費が高くつく製品であるため、使い方を工夫しています。

ガスストーブは窓に近い所に置くことで、早く部屋を温められ、暖房効率を高くすることができるので、結果的に電気代の節約ができて経済的です。

ある程度部屋が温まってきたらエアコンに切り替えて、なるべく光熱費の高い電化製品を長い間使わないように意識しています。

また、基本的には暖房に頼らないことが一番だと思うので、日々の習慣でなるべく体を温めるように心がけています。

家の中でもなるべく厚着をしたり靴下を履いて足先を温めたりすることで、暖房の設定温度を極力低く済ませることができます。

温かいスープや飲み物を積極的に飲むようにすることで体の内側から温まるので、部屋がそれほど暖かくなくても、寒さを感じることが少ないです。

冷房は付けたり消したりすると逆に電気を使ってしまいますが、暖房に関しては小まめに消した方が電気代を節約することができるので、生活の中でなるべく補うようにして、光熱費を抑えるように心がけています。

光熱費は夏や冬はどうしてもかさんでしまうので、どうしたら効率良く効果を得られることができるか知ることは大きなポイントです。

メルマガでお得に生活して!楽々節約!

今回私が紹介する節約術はメルマガです。

メルマガで節約できるの?と思うかもしれませんが、できます!

メルマガには色々ありますが、中には大手のコンビニや、スーパー、量販店、飲食店などのクーポンが配布されたり、メルマガ会員限定の情報が沢山あります。

メルマガとはメールマガジンの略です。

メルマガは色んなサイトやお店など大手家電量販店など配布は様々です、

例えて言えば、会員限定のチラシです!

大手家電量販店の例で今回紹介すると、チラシとは大体普段は各店舗毎に、店単独で配布しているため。大手家電量販店の〇〇電気本社から配布されているわけではないのです。

ですがメルマガに関しては大手家電量販店は本社の方からDMとしてメルマガを送信しているのです。

各店舗より本社の方が権力がある為価格設定も、店では出来ない安さが、本社には出来るので、その価格をメルマガ会員様限定価格で買えるとなればかなりお得なお話なしですね。

今回家電量販店のメルマガでお話ししましたが、私が登録しているメルマガで大手ファーストフード店などのクーポンが配布されて来るなど、お得なキャンペーン山沢山な内容になっています!

そんなメルマガもありとあらゆる企業が配布している為、それぞれ登録して見てはいかがでしょう?

スーパーとドラッグストアの使い分けで節約

最近、食料や飲料・お酒をドラッグストアで購入できる店舗が増えてきています。しかもスーパーで購入するよりも、かなり割安な商品が多いです。
スーパーだと、○曜日が冷凍食品が安い日!と、日程が限られていたりしますが、ドラッグストアは商品の品揃えもいいところが多く、毎日安いです。
インスタント食品から、調味料、野菜やお豆腐まで幅広いラインナップになっているので、店舗も大きく構えられているところが多いので、生鮮食品以外の食料品をまとめ買いしたいときは、ドラッグストアを利用しています。お肉や野菜を販売しているドラッグストアもでてきているので、スーパーと変わらなくなってきています。

ポイントカードや、クレジットカードを導入されているとこもあるので、安く購入できる上にポイントもついてダブルでお得です。お肉や野菜の産地などこだわっている方は、生鮮食品はスーパーで購入し、インスタント食品などはドラッグストアで購入して、使い分けをすると、とてもお得にお買い物ができます。
ドラッグストアは、お米券やビール券を利用できるところもあります。ビール券等の使い道に困って、タンスに眠らせている方は、是非ドラッグストアで利用してほしいです。額面の金額分のお買い物ができます。

ながら腹づもり積み増し

3カテゴリー前の災害以後、電気代がうなぎ上りに上昇しています。なので、うちでは多少なりとも電気代を節約するように努力しています。身寄りが極力集まって1つの部屋で話すのはもちろんのこと、LEDの電気を活用しています。一際頂点影響があったと窺える電気代の縮減方法は、電気のブレーカーを下回ることです。最初は、災害後の輪番停電のときに漏電したりしたら恐ろしいと見なし始めたことでした。しかしこれがより省エネに役だっている。
昼間は子供達は学校へ、ダディーと俺は商売へ立ち寄るので、うちは皆無になります。なので一番最後に外出する俺が、キッチン以外のブレーカーを切っていきます。キッチンは冷蔵庫があるのでさすがにブレーカーを下回ることはできません。時おり子どもが先に帰宅して、電気がつかないなんていうときもありますが、いまひとつ差し障りではありません。慣れてしまえば、立ち寄るときに窓のかぎをかける感じぐらいの品質でできます。またうちでは冬場は信者ヒーターを扱うので、エアコンディショナーは使用しません。なので夏場が終わったら、エアコンディショナーのブレーカーは切っておきます。こんなことぐらいでと窺えるかもしれませんが、必ずや電気代が違う。できるだけ一度試してみてください。