節約には裁縫は沢山ミシンで焼き上げるように!

自身は近頃27歳なのですが、知り合いがぎゅっと成婚ラッシュのご時世に入り、
ウェディングを月に二つということも多くなってきました。
はなはだ祝儀窮乏というフレーズがあるのだなと想う程に、
月々の発表がでかいので、至って考えてみると、
ウェディング1回だけでも5万前後の出金が掛かるので、月に2回もだと10万円程の出金となり
非常にやりくりが鬱陶しいことになってしまいます。
前月きっかり友人のウェディングが重なり月に2回のウェディングへ参加してきたのですが、
1つの型は遠方でウェディングがなるので、遠征費用も陥るので、さすがにすぐにできそうなアルバイトはないのか探してみたのですが、アルバイトと言えど働いた分のお金がすぐに入るとは限らないので、
自身はウエアやアニメを競売に出品したり、小説の買上に出すことにしました。
最初は、思い入れのある製品なので、ためらっていたのですが、
宣誓で出品したこともあってすぐに入札も入り、発表始めるものを見つけ出すため
室内を見い出しまわって片付けができるので、一石二鳥でした。
3年頃も前に買ったのに1度も使っていない靴なども我が家に眠っていたんで、
誰か正しく使ってできるヒューマンの戦略にすり抜けると考えるとその商品にも良いのではないかと思いました。
小説やCDも整理して、CDは端末に審査で入れたので、我が家が極めて片付いて稼ぎもすぐに手に入るだけじゃなく良かったと思います。

余ったら貯蓄??

なかなかお金って貯まらないものですよね。出て行くときには簡単に出て行くのに…。
皆さんはどうやって貯蓄していますか?うちも最初は毎月余ったら貯金に回そうと決めて少しずつ貯めていたのですが、やっぱり「余ったら」っていっても余らないんですよね。
持ってたら持ってたなりに使いますからね。

ちゃんと貯蓄しようと思うなら、給与天引きがいちばんいいでしょう。天引きなら給与の口座にすら振り込まれないんですから、使いたくても使えませんし。
私は毎月給与天引きで1万円ずつ財形貯蓄をはじめました。微々たる金額ですが、放っておいても少しずつ勝手に貯まっていきますからね。5年で60万円貯まれば、何かの時に足しにできますよね。
財形貯蓄をしている会社の先輩は、毎年昇給したら昇給したぶん毎月の貯蓄額を増額するようにしていたそうです。確かに少々手元に入る金額が増えても、生活が変わらなければなくても大丈夫ということですからね。

そうやって繰り返すことであっという間に数百万貯まってたと言っていました。一生懸命貯めたというより「貯まってた」という感じだったそうです。給与天引きでやってたからこんな感じなんでしょうね。
誰でも手元にお金があれば普段買わないものでも買ってしまったり、必要なないものも買ってみたりしますから。ちゃんと貯めるには給与天引きがいちばんです。

保険を用いた賢くためになる貯蓄方法

学資保険や養老保険、終身保険といったように、保険に「貯蓄性」を売りにしたものも多数あります。
生命保険における「死亡時の保障」ではなく、貯蓄を主眼と置いたものです。貯蓄方法として保険を選択すると、その時点で「生命保険料控除」の枠が使えるようになります。
所得税・住民税を抑えることができるため、手元に残るお金を増やすことにもなります。一括で受け取った場合に利益の部分から50万円を引いた額の半分が課税所得となって他の所得との合算で税率をかけた額を収めます。
課税に対しても保険は優遇されるため、他の貯蓄方法より出費を抑えて結果として貯蓄につなげることができます。

しかしながら注意しないといけないのが、保険最大のリスクともいえる「途中解約リスク」です。大抵の保険は満期前に解約をすると、受け取れる金額が小さくなります。
契約期間にもよりますが、貯蓄系の保険であっても途中解約だとマイナス(元本割れ)になるケースも多いです。途中解約時にどのくらい戻ってくるのかを示すものに「解約返戻率」というものがあります。
100%でこれまでに支払ってきた保険料と同額が戻ってくることになるわけです。杞憂かもしれませんが保険会社が倒産した場合には受けとれる保険金などは当初約束されたものよりも小さくなる可能性もあります。