何もしないけど効果抜群な低減技術「出んプラス」

減額の極意は「お金を使わない」の一言につきます。

その「お金を使わない」というのが厳しいわけですが

特別な努力無しに、財を使わくてすむ企画が仲間あります。

正に、「家から出ない!」

これを昔の人様は「出んプラス」と言いました。

家でおとなしくしていれば、お金を使う際は本当に減ります。

ただ、今ドキはオンライン買い物や課金制のインターネット決戦など

住まいに居ても散財の感化が多いですが・・・。

住まいから一歩でれば、懐のヒモが弛む際は、そちらかしこにあります。

「まだまだ身の回りを散策」した場合でも、自販機やコンビニエンスストアがそこらじゅうにあります。

「漸く近くまで来たのだから、図書でもめくってみよう。」と、コンビニエンスストアに歩きを

踏み入れたタイミング、コーヒーのアロマ、美味しそうなおでん、新発表のお菓子etc・・・

財を使いたい衝動は最上級。

何故なんでしょう?それは、スピリットが情けないから?そうではありません!

お金を使ってもらうための罠が、そこらじゅうに張り巡らされているからだ。

という定義で、そういう物凄い所へ近づいてはいけません。

外に出ないのが頂点!

毎日のお配達は?オンライン究極で必要なものだけプッシュ。

些か割高直感もありますが、感化に負けて散財講じる金額よりはどんどん利口だ。

即刻簡単にできる「出んプラス」おススメだ。

500円備蓄

自身はユーチューブで500円集積の動画を見つけおもしろそうですなと見なし
実施しようと思いました
そして並べるところへ出かけたのですが初めは何から始めればいいのかわからず
取りあえずは10万円混ざる寸法からすることにしました
日々入れようと躍起になっていたのですがずいぶん思うようにいきませんでした
そもそも所持金があまりなく思うように500円ができなかったのも事由でした
しかしながら精進し辛うじて8割が入ったのでした
その位に届くまで大勢2階級なかばはかかりました
当時は生徒の役職だったので父兄からのお現金と時折やっていた日雇いフィーで
どうにか一週に一回は加えるようにしていました
そしてそれからはステップを洗い流し1階級あと
遂に満タンになったのでした
開封してみて驚きのですがこういう集積器物には10万限りが入っていました
数えてみると13万円で先々調べてみると最初からそのくらいがたまるように
設計されていたと知りました
確かに積み増したくらいがミッシリ10万だとようやっと貯まっても
使えないなあと思います
それを考慮してくれていたのかと感心しました
それから10万だけ積み増し残りの3万で念願のレジャータイミングを買いました
自分もしばしば頑張ったなあと思いましたが
それからもこまめに集積する中毒は続いてある。

安いものは安いなりだからお金が貯まらない

お金を貯めたくて安いものばかりに目が行っていた頃、家の中にあるもの全て安いものばかりでした。
これはお金を将来のために少しでも多く残したいからであり、目的も無く安い物を探し回っていたのではありません。

子供の将来の夢を応援するには努力してお金を残すことしかないと思っていました。
冷静になって考えれば人にお勧めできることではないし、安いものをかき集めて得したとも言えません。
反対に安いものばかり買い集めて損したんじゃないかとさえ感じています。

「安いものは安いなり」「安物買いの銭失い」こういう言葉があります。
安いものは安いなりだと言うことは分かっていたけれど、安いものでも大事に使えば長持ちすると安い服を大事に手入れして着たり安い家電を大切に大切に使っていました。
安い服でも家電でも大事に使えば長持ちするし結局は得だと思い込もうとしていたのです。

でもその手入れなどに使う時間がもったいなかった・・・。
服はすぐに毛玉ができるから毛玉取り器で手入れしなくてはならなかったし、家電は安いものは不便。
良いものにはそれだけの理由があって値段がつけられていると分かってから良いものを買っていますがお金が残るようになりましたよ。