節約とダイエットの一石二鳥

節約することでお金にゆとりができることは、付随してメリットを生むこともあると考えます。

わたしは毎日の通勤に本来使用すべきバスと地下鉄を利用していません。

会社から支給される交通費は約15,000円。

片道40分の距離を公共交通機関を使わずに徒歩で通勤しています。

自宅から職場までが徒歩で通える距離であることもありがたいことですが、環境の良い住宅街を歩けるので気分も良くなります。

交通機関を利用しても、乗継があるので通勤時間はさほど変わりありません。

毎日歩くようになって、パンプスをやめてスニーカーを購入しましたが、それ以外で歩くことには基本お金がかかりません。

毎月浮いた交通費は、自分のお小遣いに使っています。

家計に影響を出さずに、堂々と自由にお金を遣えることは良いことだと感じています。

お小遣いは主に化粧品や友人との食事やお酒に使いますが、子どもがほしがっているものをプレゼントすることもあります。

毎日の徒歩通勤はそれほど苦になりません。

疲れがたまっているときや体調が悪いとき、あまりにも天候が悪いときは無理せず交通機関を使います。

送り迎えをしてくれる方がいるときは、甘えます。

毎日歩いているおかげでウエストが明らかに細くなりました。わたしにとって一石二鳥で大満足です。