貯蓄は目的別に口座をわけることが大切です。

最近貯蓄を本格的にはじめました。

子供の将来ための貯蓄。日常的にためておく貯蓄。年金はあてにならないので、老後のための貯蓄といったかんじです。

私が実践して、よかったなと思った貯蓄方法は、貯蓄する口座をすべてわけるということです。

今まで、同じ口座にすべて貯金していました。なんだか、とっても貯まっているように見えるのですが、わかりずらかったです。

雰囲気で、たまっているような感覚になるのはとっても危険ですよね、。いっぱいあるような感じがして、うれしいんですけど。

なので、お給料が入ってきて、日常的に出し入れする貯金場所はまずネットバンクにしました。手数料が無料になるところが多いのでとっても助かっています。

そして、上記の3つの口座も開設して、今すべて分けて貯金しています。

うちは、学資保険などをしていないにので、自分でいかにうまく貯蓄していくかがカギになってきます。

これで、だいぶ貯金がしやすくなりました。そして、何にどれぐらいたまっているかもわかるようになったので、将来の見通しがたってきましたね。

普通貯金なので、使ってしまわないようにあまり見ないようにしていますが、。

これからも頑張って貯金頑張っていきたいとおもっています。

節約術に関する支出と収入から見る方法論

1.初めに

貯金や節約に関して肝となるテーマが支出を減らすか収入を増やすかです。

2.支出を減らす

a)自炊をする

まず手っ取り早いのが自炊をして昼代や夜飯代を浮かす努力をすることです。弁当代や外食費が減ると大幅な削減に繋がるだけでなく、モテ要素としても名高いです。

b)家計簿を書く

この方法が最も堅実的です。家計簿を書く事で、月の支出収入を管理します。人間は基本的に自分に甘いですが管理や監視の目によってコントロールする術を知っています。

c)掛かる予算を事前に決める

この方法では例えば食費、生活費、交際費など予め決めて起き、その分を収入から引いて1ヶ月を過ごす様にします。もっと言えば、一周ごとに管理することを家計簿と並行で行うと貯金が捗りやすいです。

3.収入を増やす

a)アルバイトに手を出す

学生などは時間があり、時間を担保にお金を稼ぐことは可能ですが、社会人となると中中難しいですね。平日の日中の仕事による疲れも溜まっていることも原因になります。

b)もし妻が居れば妻にパートに入って貰う

子供の中学受験費や大学の授業料など突出した費用が必要な時にこの方法を取る家庭は多いです。

4.終わりに

やはりサラリーマンなどは節約による貯金が良い方法である事は確かです。堅実質素な生活を送ることを習慣にすることが何よりも大切です。