保険を用いた賢くためになる貯蓄方法

学資保険や養老保険、終身保険といったように、保険に「貯蓄性」を売りにしたものも多数あります。
生命保険における「死亡時の保障」ではなく、貯蓄を主眼と置いたものです。貯蓄方法として保険を選択すると、その時点で「生命保険料控除」の枠が使えるようになります。
所得税・住民税を抑えることができるため、手元に残るお金を増やすことにもなります。一括で受け取った場合に利益の部分から50万円を引いた額の半分が課税所得となって他の所得との合算で税率をかけた額を収めます。
課税に対しても保険は優遇されるため、他の貯蓄方法より出費を抑えて結果として貯蓄につなげることができます。

しかしながら注意しないといけないのが、保険最大のリスクともいえる「途中解約リスク」です。大抵の保険は満期前に解約をすると、受け取れる金額が小さくなります。
契約期間にもよりますが、貯蓄系の保険であっても途中解約だとマイナス(元本割れ)になるケースも多いです。途中解約時にどのくらい戻ってくるのかを示すものに「解約返戻率」というものがあります。
100%でこれまでに支払ってきた保険料と同額が戻ってくることになるわけです。杞憂かもしれませんが保険会社が倒産した場合には受けとれる保険金などは当初約束されたものよりも小さくなる可能性もあります。