まずは身の回りから振り返ってみることですね。

日常の意識からできる節約!

今回は私の節約術についてお話しします。

ガソリンはイベントや低価格の料金日を狙って給油。もちろんセルフサービスでエコ運転を意識する。これだけで全然違います。

美容院は極力、自宅でセルフカット!

日用品費は、ポイント倍デーなどを利用してポイントを稼ぐ!

コスメや洋服などもネットでの購入の場合はポイントやメリットが高いものを活用します。

日々、ポイントを貯めておくとショッピングのときに使えますね。

お給料は半分以上貯金に回す。

お小遣いとして現金を別にしておき、そのお小遣いの範囲でやり繰りします。

もちろん節約をすることで、貯金に回せる分が増えてきますので、その分をなるべく

増やすようにしています。

不要なものは、フリマアプリなどで販売して、また次に使っていただける方を探したり

することも、ひとつの貯蓄に繋がりますよね。

こうして、不要なものを売ったり、ポイントを稼いだり、貯めたり・・・

日常のあらゆるところに節約の鍵があります。

それに気づくか、気が付かないか・・・判断が必要な場面もあります。

本当に、節約をしたい方や貯蓄をしたい方!

まずは、自身の身の回りで、どこから節約ができるか

どこから貯蓄に繋がるか・・・振り返ってみて、生活に取り入れていくといいかもしれませんね。

パンの耳を食べて節約生活をしています

良くマンガやアニメ、ドラマなどで貧乏な大学生やサラリーマンがパン屋さんでパンの耳を食べて生活をしている所を見たことがある方も多いかもしれません。

実際にパンの耳ってパン屋さんで無料でもらえるか、極めて安価にもらえるってみなさんご存知ですか?

私はフリーターで毎月、給料日前の月末になると財布の中がほとんどなくなり、食べるものにも困るほどお金がなくて困っています。

そこでテレビの世界のようにパンの耳をもらうことが出来ないか調べてみることにしました。

近所のスーパーの中に併設されているパン屋さんでパンの耳をもらっている主婦の人を見かけたことがあります。

そのお店でパンを購入した人で「パンの耳をください」と店員さんに言った人には無料で薄いパンの端っこの部分を4枚ほどもらえるようです。

私もパンを1番安いパンを1個だけ買って、店員さんに「パンの耳ってありますか?」と言った所

「はい、ありますよ」と笑顔で返され、パンの端っこをゲットすることが出来ました。

インターネットでもう少し検索してみると市内にあるサンドウィッチ屋さんでパンの耳が買えると書いてあったので

家からちょっと遠いので行ってみました。

サンドウィッチ屋さんではサンドウィッチを作るために毎日、大量のパンの耳が余るので

パンの耳がスーパーの袋に山のように入っていて、1袋50円と書いてありました。

思わず喜んだ私は1袋買ってしました。これでしばらくはパンの耳だけで生活出来そうです。

食費を節約するためにパンの耳をもらったり、安価に購入することは月末の給料日前などには

お勧めです。

交通費や施設利用費、食事代を節約

日常生活の中には多くの節約ポイントがあります。

自分の場合、一番の節約ポイントは交通費です。仕事ではもちろんプライベートでも交通費というのはどうしてもかかってしまう費用なので節約を諦めてしまいがちです。しかしチケットショップを使うことで、交通費で大幅に節約することができます。

例えば通勤時にうっかり定期を忘れてしまった、期限が切れていたというときに少しでもその交通費を浮かせることができます。プライベートで旅行をするときに、席の指定はできませんが新幹線代を安く買うこともできます。そしてその浮いたお金で美味しいものを頂けるということです。

チケットショップは切符以外にも多くのチケットを取り扱っています。自分はスーパー銭湯が好きでよく出掛けます。そのスーパー銭湯のチケットも安く買うことができます。最近では正規の値段で買った記憶がないくらい頻繁に利用しています。それ以外にも映画のチケットも安く購入できることが多いです。

そういった施設利用のチケット以外にも商品券やお食事券なども取り扱っており、こういったものを使うことで欲しかったものが安く購入できます。

昔の自分は「チケットショップなんて」と思っていましたが、一度利用してみると非常に便利でお勧めです。

おにぎりはお昼の節約に大きな味方なのです。

どこにお金を使うかは人によってぜんぜん違うことだと思います。

趣味に使う人もいれば自分のスキルアップのために使う人も、そのお金の使い具合は人それぞれです。

私は自分の好きな場所に行けたり、好きなものを食べたりすることが好きだから、趣味にお金をかける方なのだと思います。

好きなことにお金を使えるようにするためには、それなりの「節約」が必要になってきます。

節約項目の中でも、一番節約を始めやすいと思うのが「食費」なのではないかなと思います。

食費を抑えすぎて身体を壊してしまうのは良くないことなので、ほどほどにですが。

なるべく外でのお昼代を抑えるために強い味方なのが「おにぎり」なのです。

朝、おにぎりをささっと握って、ランチボックスに詰めて持って出かけます

そして、コンビニやスーパー、お惣菜さんでお惣菜だけひとつを買うのです。

そうするとお昼代が、ランチに行くより、お弁当を買うよりも少し安くすみます。

塵も積もれば山となる。

日々コツコツためて、好きなことにお金が使える機会がひとつでも増えると、私はそれだけでうれしいです。

炊き上がったごはん1合で、おにぎり約4つ作れます。

「ランチもたまには行きたいし、美味しそうなお弁当もたまには買って食べたい」。

そう思うけど、その回数をなるべく少なくすることは小さなことだけど節約につながります。

おにぎり持参でも食べたいお惣菜が食べれるから大満足です。

日々のコツコツは大きなものです。

ちなみに、節約自体も私の趣味のひとつなのでした。

稼ぐ以上に使わないようにして出向く務めも足掛かり!

結婚するまでは、「稼ぎを預貯金するためには、節約するよりも稼ぐほうが簡単だ。」と思っていました。
でも、まさに所帯が出来て思ったのが、「稼ぐだけではなく使わないように心掛けなければ、なかなか預貯金は酷いものだな。」と言うことだ。
稼ぐことも大切なのですが、稼ごうにもしょうもない乳幼児がいると保育料金もかかりますし、せっかく稼いだ稼ぎも保育料金で使われて仕舞うなら断じて稼げたことになりません。
乳幼児が多くなるほど、保育料金の担当は大きくなるばかりだ。
儲けると税金も人前保険なども利益されて、思った以上に手元に残らないことも多いですし。
これを考えると、今は養育を他にお任せしてまで動くこともなく、自分自身で頑張って保育料金を節約するのもいいなと思いました。
いずれにしても3年齢とか4年齢とかご時世が来れば、幼稚園に通わせるニーズも出てきますし。
あとは、自分の洋服や上品、嗜好雑貨などは必要最小限の出費にして、極力節約するみたい頑張りないといけないなと思いました。
最近は、電気や気体なども使わない時はできるだけディスカウントにするようにしたり、冷蔵庫やエアコンディショナーなどを幾分弱めに設定したりなど細かい部分にも気を遣っている。
預貯金するには稼ぐことも大切ですが、それ以上にお金を使わないようにして無駄な出費を多少なりとも燃やす励みが必要なのかなと又もや感じています。

100円ところをうまく利用する

節電一生で便利なのが、100円ところだ。
100円ところには意外なグッズも複数売っていて、生活に役に立つグッズばかりだ。
他のお店で買うと、100円では買えないグッズも複数売っています。

あたしは甘味集団も100円ところを利用しています。
それほど手提げ袋入りの飴集団は、スーパーで買うと150円くらい行う。

それが100円ところでは、需要タックスを入れても108円で買うことができます。
飴も色々な顔ぶれがあり、軽装見かけないようなタイプも色々あって迷うくらいだ。

100円ところもデザイン性に凝った、可愛らしいタイプも複数売っています。

あたしは手芸機器も100円ところを利用しています。
手芸屋氏で買うとそれなりの総額ですが、100円ところはなんとも安く買えます。

小さな暖か代物も100円ところは便利です。
ネックウォーマーや手袋、腹巻、ウォームシューズなど、各種ものを100円ところで揃えました。

文房具集団も充実しています。
この間、電卓が壊れましたが、サッと100円ところで、ソーラー型の電卓を買いました。

他にもキッチン機器や文房具集団も充実しています。
色々な物を安く買えるので、100円ところは節電生活に欠かせないお暖簾ですね。

預金のヒント

代価を蓄えるのは大変ですが、ちょっとしたファクターを決めるとするならば、意外とおお金やいただける代価は、「懐に入ってから役目を練る」というのが一番です。
順当じゃないかと言えるかもしれませんが、これが大してそうではなくなにか買い物をするときやピクニックを腹積もりするときに、今月は激しいけれど次月のお金が入ればとか、賞与がもらえるのでOKと無意識に考えてしまいがちだ。

そうではなく、目下手持ちも代価でいよいよならないのであれば、ためるまで関わるなり、我慢するなりを考えるだけで、全体的に貯えを考えられるようになるでしょう。
今月のおお金は20万円入るから、10万円を光熱費、賃料として、ブランク10万円なんて場合は、10万円を下ろすのではなく、差し障りでも10000円ずつ下ろして利用するようにしましょう。

10万円が手元にあって、次のお金を待つのと、10000円ずつを使い切ってから、代価の役目を感じ取るのでしたら、後のほうが貯えとして残る金額も大きくなります。

洗濯機は使い方次第で電気代を節約できる!

洗濯機を使うと、どうしても電気代がかかってしまうもの。

電気代を少しでも節約したいと言う場合、洗濯機を使う回数を減らすと言う物理的な方法ももちろん効果はありますが、洗濯機の機能をうまく活用すれば、より電気代を節約することができます。

例えば、1度にたくさんの洗濯物を洗いたいからと、思わず多くの洗濯物を詰め込んでしまうことが良くあるかと思います。

しかし、これでは洗濯物自体もあまりうまく汚れが落とせなかったり、余分に洗剤が必要になったりもします。

しかも、洗濯機がドラムをより大きく回転させようとしたり、すすぎに時間がかかったりして、実は電気代が余計にかかってしまうのです。

洗濯機に対して、洗濯物は若干ゆとりを持たせることが電気代節約のポイントです。

また、洗剤を余計に入れてしまうと、すすぎに時間がかかってしまいます。

その分、余計な電気代がかかってしまうため、洗剤を適量にすることで、電気代だけでなく、洗剤の費用も節約できます。

さらに、洗濯機の乾燥機能を出来るだけ使わず、干して乾かすことでも電気代を大きく節約できます。

このように、洗濯機の機能を上手にセーブすれば、電気代を少しでも浮かすことができ、それを積み重ねれば、大きな節約になるのです。

お金が貯まる人のやっていること

これまでに、本や人から聞いた話などでお金の貯まる人がやっている習慣ということのいくつかが印象に残っています。

そういった人たちの真似をすれば自分でもお金が貯まるのかなあ、なんて思っています。

そのやりかたというが、まずはある程度のお金が貯まったら金を買うという方法です。金はこれまで高騰し続けていて、色々な金融商品の中でも最高峰に信頼のあるものではあります。地球に限りあるものだということで、その希少性が原因なのかもしれません。ただ、この方法は既にお金持ちがやる方法だと言えなくはありません。

誰でもできる方法としては、とにかくお買い得なものを見つけたら一気に大量購入をするというものです。本当に安かったら数年分も購入する場合もあると聞きます。確かにこれは長い目で見ればかなりお得ですし、参考にできる話であると思います。

それから、スーパーやコンビニなどに行く場合お金持ちの人は買いたいものしか見ないで、それだけを買ってすぐにお店を出るそうです。逆のことばかりしているような気がします。お金があるからたくさん買っているのではなく、無駄なものをたくさん買わないからお金が貯まるんだとこの話を聞いた時に強く感じ反省しました。

確実に貯蓄を増やすためには!

現在、家業の製造業の跡取りとして仕事を始め、2年目に突入しました。法人ではないため、十分な給料とは正直言えないと思います。1年目はどうしても浪費が多くなっていました。

そこで、半年ほど前から、金融機関での「定期積立」を始めました。半ば強制的に貯蓄をするようにしたのです。利点としては、【決めた額を月々、入金せねばならない】、【一度入金してしまえば、解約しない限りはおろすことができない】ということが挙げられると思います。

自らを『使えるお金が少なくなる』という状況に追いやりました。

まだ満期となっていないので、現在も継続中なのですが、浪費が減りました。自分が手元に持っている金額しか使えない状況なので、その中でどのように使うか、ということをしっかり考えるようになりました。

節約にもつながってきますが、具体的に述べると、喉が渇いたときにジュースを買ってしまうのではなく、飲み物をあらかじめ持っていくなどです。続けることで自分の中で習慣となり、現在はいい方向へ進んでいます。

今、来年旅行に行きたい!という目標が自分の中であるので、それに向けて積み立てを解約することなく、いけるように手元にあるお金を節約しながら地道に貯蓄を増やしています。

自らを、お金から上手く遠ざけ、何かお金を使いたい目標を決める。
半強制的な気もしますが、このおかげで私自身は貯蓄を重ねています。

▼参考にしています・・・
おまとめローンの審査手続き
http://www.hideawaybrewpub.com/