節約には裁縫は沢山ミシンで焼き上げるように!

自身は近頃27歳なのですが、知り合いがぎゅっと成婚ラッシュのご時世に入り、
ウェディングを月に二つということも多くなってきました。
はなはだ祝儀窮乏というフレーズがあるのだなと想う程に、
月々の発表がでかいので、至って考えてみると、
ウェディング1回だけでも5万前後の出金が掛かるので、月に2回もだと10万円程の出金となり
非常にやりくりが鬱陶しいことになってしまいます。
前月きっかり友人のウェディングが重なり月に2回のウェディングへ参加してきたのですが、
1つの型は遠方でウェディングがなるので、遠征費用も陥るので、さすがにすぐにできそうなアルバイトはないのか探してみたのですが、アルバイトと言えど働いた分のお金がすぐに入るとは限らないので、
自身はウエアやアニメを競売に出品したり、小説の買上に出すことにしました。
最初は、思い入れのある製品なので、ためらっていたのですが、
宣誓で出品したこともあってすぐに入札も入り、発表始めるものを見つけ出すため
室内を見い出しまわって片付けができるので、一石二鳥でした。
3年頃も前に買ったのに1度も使っていない靴なども我が家に眠っていたんで、
誰か正しく使ってできるヒューマンの戦略にすり抜けると考えるとその商品にも良いのではないかと思いました。
小説やCDも整理して、CDは端末に審査で入れたので、我が家が極めて片付いて稼ぎもすぐに手に入るだけじゃなく良かったと思います。

余ったら貯蓄??

なかなかお金って貯まらないものですよね。出て行くときには簡単に出て行くのに…。
皆さんはどうやって貯蓄していますか?うちも最初は毎月余ったら貯金に回そうと決めて少しずつ貯めていたのですが、やっぱり「余ったら」っていっても余らないんですよね。
持ってたら持ってたなりに使いますからね。

ちゃんと貯蓄しようと思うなら、給与天引きがいちばんいいでしょう。天引きなら給与の口座にすら振り込まれないんですから、使いたくても使えませんし。
私は毎月給与天引きで1万円ずつ財形貯蓄をはじめました。微々たる金額ですが、放っておいても少しずつ勝手に貯まっていきますからね。5年で60万円貯まれば、何かの時に足しにできますよね。
財形貯蓄をしている会社の先輩は、毎年昇給したら昇給したぶん毎月の貯蓄額を増額するようにしていたそうです。確かに少々手元に入る金額が増えても、生活が変わらなければなくても大丈夫ということですからね。

そうやって繰り返すことであっという間に数百万貯まってたと言っていました。一生懸命貯めたというより「貯まってた」という感じだったそうです。給与天引きでやってたからこんな感じなんでしょうね。
誰でも手元にお金があれば普段買わないものでも買ってしまったり、必要なないものも買ってみたりしますから。ちゃんと貯めるには給与天引きがいちばんです。

保険を用いた賢くためになる貯蓄方法

学資保険や養老保険、終身保険といったように、保険に「貯蓄性」を売りにしたものも多数あります。
生命保険における「死亡時の保障」ではなく、貯蓄を主眼と置いたものです。貯蓄方法として保険を選択すると、その時点で「生命保険料控除」の枠が使えるようになります。
所得税・住民税を抑えることができるため、手元に残るお金を増やすことにもなります。一括で受け取った場合に利益の部分から50万円を引いた額の半分が課税所得となって他の所得との合算で税率をかけた額を収めます。
課税に対しても保険は優遇されるため、他の貯蓄方法より出費を抑えて結果として貯蓄につなげることができます。

しかしながら注意しないといけないのが、保険最大のリスクともいえる「途中解約リスク」です。大抵の保険は満期前に解約をすると、受け取れる金額が小さくなります。
契約期間にもよりますが、貯蓄系の保険であっても途中解約だとマイナス(元本割れ)になるケースも多いです。途中解約時にどのくらい戻ってくるのかを示すものに「解約返戻率」というものがあります。
100%でこれまでに支払ってきた保険料と同額が戻ってくることになるわけです。杞憂かもしれませんが保険会社が倒産した場合には受けとれる保険金などは当初約束されたものよりも小さくなる可能性もあります。

何もしないけど効果抜群な低減技術「出んプラス」

減額の極意は「お金を使わない」の一言につきます。

その「お金を使わない」というのが厳しいわけですが

特別な努力無しに、財を使わくてすむ企画が仲間あります。

正に、「家から出ない!」

これを昔の人様は「出んプラス」と言いました。

家でおとなしくしていれば、お金を使う際は本当に減ります。

ただ、今ドキはオンライン買い物や課金制のインターネット決戦など

住まいに居ても散財の感化が多いですが・・・。

住まいから一歩でれば、懐のヒモが弛む際は、そちらかしこにあります。

「まだまだ身の回りを散策」した場合でも、自販機やコンビニエンスストアがそこらじゅうにあります。

「漸く近くまで来たのだから、図書でもめくってみよう。」と、コンビニエンスストアに歩きを

踏み入れたタイミング、コーヒーのアロマ、美味しそうなおでん、新発表のお菓子etc・・・

財を使いたい衝動は最上級。

何故なんでしょう?それは、スピリットが情けないから?そうではありません!

お金を使ってもらうための罠が、そこらじゅうに張り巡らされているからだ。

という定義で、そういう物凄い所へ近づいてはいけません。

外に出ないのが頂点!

毎日のお配達は?オンライン究極で必要なものだけプッシュ。

些か割高直感もありますが、感化に負けて散財講じる金額よりはどんどん利口だ。

即刻簡単にできる「出んプラス」おススメだ。

500円備蓄

自身はユーチューブで500円集積の動画を見つけおもしろそうですなと見なし
実施しようと思いました
そして並べるところへ出かけたのですが初めは何から始めればいいのかわからず
取りあえずは10万円混ざる寸法からすることにしました
日々入れようと躍起になっていたのですがずいぶん思うようにいきませんでした
そもそも所持金があまりなく思うように500円ができなかったのも事由でした
しかしながら精進し辛うじて8割が入ったのでした
その位に届くまで大勢2階級なかばはかかりました
当時は生徒の役職だったので父兄からのお現金と時折やっていた日雇いフィーで
どうにか一週に一回は加えるようにしていました
そしてそれからはステップを洗い流し1階級あと
遂に満タンになったのでした
開封してみて驚きのですがこういう集積器物には10万限りが入っていました
数えてみると13万円で先々調べてみると最初からそのくらいがたまるように
設計されていたと知りました
確かに積み増したくらいがミッシリ10万だとようやっと貯まっても
使えないなあと思います
それを考慮してくれていたのかと感心しました
それから10万だけ積み増し残りの3万で念願のレジャータイミングを買いました
自分もしばしば頑張ったなあと思いましたが
それからもこまめに集積する中毒は続いてある。

安いものは安いなりだからお金が貯まらない

お金を貯めたくて安いものばかりに目が行っていた頃、家の中にあるもの全て安いものばかりでした。
これはお金を将来のために少しでも多く残したいからであり、目的も無く安い物を探し回っていたのではありません。

子供の将来の夢を応援するには努力してお金を残すことしかないと思っていました。
冷静になって考えれば人にお勧めできることではないし、安いものをかき集めて得したとも言えません。
反対に安いものばかり買い集めて損したんじゃないかとさえ感じています。

「安いものは安いなり」「安物買いの銭失い」こういう言葉があります。
安いものは安いなりだと言うことは分かっていたけれど、安いものでも大事に使えば長持ちすると安い服を大事に手入れして着たり安い家電を大切に大切に使っていました。
安い服でも家電でも大事に使えば長持ちするし結局は得だと思い込もうとしていたのです。

でもその手入れなどに使う時間がもったいなかった・・・。
服はすぐに毛玉ができるから毛玉取り器で手入れしなくてはならなかったし、家電は安いものは不便。
良いものにはそれだけの理由があって値段がつけられていると分かってから良いものを買っていますがお金が残るようになりましたよ。

節約とダイエットの一石二鳥

節約することでお金にゆとりができることは、付随してメリットを生むこともあると考えます。

わたしは毎日の通勤に本来使用すべきバスと地下鉄を利用していません。

会社から支給される交通費は約15,000円。

片道40分の距離を公共交通機関を使わずに徒歩で通勤しています。

自宅から職場までが徒歩で通える距離であることもありがたいことですが、環境の良い住宅街を歩けるので気分も良くなります。

交通機関を利用しても、乗継があるので通勤時間はさほど変わりありません。

毎日歩くようになって、パンプスをやめてスニーカーを購入しましたが、それ以外で歩くことには基本お金がかかりません。

毎月浮いた交通費は、自分のお小遣いに使っています。

家計に影響を出さずに、堂々と自由にお金を遣えることは良いことだと感じています。

お小遣いは主に化粧品や友人との食事やお酒に使いますが、子どもがほしがっているものをプレゼントすることもあります。

毎日の徒歩通勤はそれほど苦になりません。

疲れがたまっているときや体調が悪いとき、あまりにも天候が悪いときは無理せず交通機関を使います。

送り迎えをしてくれる方がいるときは、甘えます。

毎日歩いているおかげでウエストが明らかに細くなりました。わたしにとって一石二鳥で大満足です。

人によっては意外に節約できる…かもしれません!

服にかけるお金を節約したい。

特に家計を預かっている女性はそう思う機会が多いのではないでしょうか。

シマムラやGUといったお財布の味方をしてくれる店も増えていますが、今回は意外に節約になる(ただし一部の人にしか効果ない)かもしれない方法を主張させていただきます。

それは……「痩せる」!

何を言ってるのかと思われるかもしれませんが、よく考えていただきたいのです。

「大は小を兼ねる」という言葉を聞いたことはありませんか。

これを服にあてはめると、大きい服は小さい人でも着れますよ。

でも、小さい服は大きい人が着るの難しいんです!

人によって骨格や体格は違うので、平均的な人に限ってのお話になってしまいますが、「L」が「M」になるだけで選択できる服が増えるんです。

つまり、お安くて良いデザインの服を手に入れられる機会が増えるということです。

更にユニクロでよく見かけるんですが、「S」サイズが破格の安さで売られてることが多いんです。

ユニクロだけでなく、規定よりも小さめのサイズは余ることが多いのか、他の店でもやたら安い値札がつけられていたりします。

細い友人はいつもそれでお安く服を手に入れてるそうです。

それぞれの方の体格にもよりますが、更に付け加えると過剰なダイエットは厳禁でもあるのですが、健康的な体重を保つだけで、良い買い物ができる機会が増える……かもしれないんです!

意外にいい節約方法だと思いませんか?

……まあ、ダイエットが至難の業なんだろうがと言われてしまえばそれまでなんですが……太りやすい物ってどうして美味しい物ばかりなんでしょうねえ……。

建築の担当者はベテランのほうがいいです

固定資産税を減らすために、偽装3階建てを作っているところが多いです。しかし、正当に暮らしたいので、それはお勧めできません。何よりも、法律を守って家を作ることが必要でしょう。それが節約にもなるのです。できたら、家を建てる時に、ベテランで、いい加減でなく、よく、そのあたりも知っている担当者が付くといいですね。若い担当者は、損するばかりなので、そこは、会社も調べて、ちゃんとしているひとを選任してもらうべきです。そうすると、だいぶ建築費もお朝得ることができるでしょうね。節約の幅も大きいです。そこをないがしろにすると、後で、しまったということが多いのです。説明しないというのがやり方です。いっても仕方がないと、相手に思わせてしまうのです。

特に、建築会社は、転職が多いように思います。担当者がいなくなってしまうのです。そこで、会社だけが残るのです。

また、単価の高いところは、メンテナンスも高いので、そこも調べたほうがいいでしょう。やはり、大きい会社のほうが安心できるのかもしれませんね。長い目で見ると、担当者ものこっていることがおおいです。相談できなくなってしまうことになるのです。そこが一番、節約というよりも、大事なところです。

家でお店でコツコツする節約方法

私の結婚してから実践している節約方法、まず家での方法をお話しします。

家ではとにかく使わない電気は必ず消すことです。
これはみんな実践しているとは思いますが、うちでは例えばリビングの隣に和室があって、みんながリビングにしかいなかったら必ず和室の電気は消す。逆にみんなで和室に移動すればリビングの電気は消すといったように少しでもいない所は必ず消すようにしています。
それは8歳の息子にもいい伝えています。
あとはテレビは本当に見たいとき以外は必ず消すです。
1つのテレビが終わり次のテレビが始まる間(10分くらい)も必ず消すくらい電気代を節約しています。
だから友人宅に遊びに行くとずっとつけっぱなしのテレビや電気すごく気になってしまうくらいです。

そして買い物でも節約している部分がたくさん・・・
野菜や果物は100円以上の物は買わなかったり、牛乳やパンも一番安い金額のを選んだり、とにかくスーパーに行って今日の献立に使う欲しい野菜などがあっても高ければ絶対に買わず、代替えを探すくらいなんです。
旦那にはたまには高い物を食べたいと愚痴を言われてしまうこともよくありますが・・・

あと最後に衣料品についてですが、私の洋服はほぼ1,000円以下の商品ばかりです。
けど安くて悪いの着ているではなく、半額以上のセール商品しか買わないからです。
それもセールの最終週くらいが一番安く手に入るので、ちょくちょくお店に行ってチェックしています。

私の節約はコツコツの積み重ねかもしれませんが、それで少しでも貯金に回せたら嬉しい事だと思います。